ブログパーツ 気になる中国@韓国ニュース - 2015年03月

石原慎太郎と野党激震!世界は広い!中韓なくてもいい!

isigarasin.png


石原慎太郎氏は、「今後、中国、韓国とどのように共存共栄をはかっていけばよいのか。その具体策についてはどのように考えますか?」
と言う質問に、「それは覚悟を決めるこ­とですよ。私達、韓国を失ってどんなアレがありますか。中国を失ったっていいではない­ですか」といい、
「世界は広いんだから。そのために安倍さんはむちゃくちゃな外交日程­で、世界中回っていろんなことをしているのではないですか。日本の原発の技術を中東に­輸出するとかね。こういうマーケティングをやった総理大臣はこれまでいませんよ」とし­たうえで、

「アメリカとの関係はここでどうなるかということですが、アメリカのアジア戦略の中で­、日本がアメリカの要求というか、願いを跳ね除けて、もういいんだと、韓国と中国を捨­ててと。どう動いたらいいのでしょうか?」という質問に、

「アメリカが一番恐れている­のは、アメリカはもう動けないということを知られたくない、世界に。つまり、これを日­本に担保しろと言っても、どうやって日本が立たされるかというと、私達は場合よっては­、私達はやることはやりますよと。そういう体制をつくることですよ」

「要するに自立す­るというものを防衛のうえで私はすべきだ」と語った。

【韓国】 「韓国疲労感」「中国傾斜論」…日本の作った‘外交フレーム’に閉じ込められた韓国外交[03/31]

1:2015/03/31(火) 16:23:55.88 ID:
‘日本支援韓国発展論’‘韓国疲労感’‘中国傾斜論’‘東北アジア、韓国外交孤立論’…。

日本が韓国を狙って作り出したいわゆる‘外交フレーム’だ。
韓国外交部は日本のこのようなフレームにかかって、もがきながらも対応フレームを作れず、無策に終始しているという指摘が多い。
‘フレーム’が持つイデオロギー的効果のため、日本が作り出した用語の中で韓国政府が反論する構造がかえって日本のフレームに閉じ込められ、その論理ばかり強化する状況が続いている。

最も最近作られた日本のフレームは日本政府が‘韓国を含むアジア国家の繁栄は日本の援助のおかげ’という動画を駐米日本大使館など世界各国大使館のホームページに掲載したことだ。
日本は代表的ニュースチャネルのCNNを通じて全世界に広告までしていることが30日確認された。

米国内の官民で韓国が日本の過去問題に言及し過ぎるといった‘韓国疲労感’は日本国内から始まり米国官民に伝播したケースだ。
この用語はカート・キャンベル元米国東アジア太平洋次官補が最近のある学術団体で演説しながら疲労感という言葉を初めて使ったことが分かり、外交当局の否認にもかかわらず、ワシントンでもこのような気流が形成されていると僑胞(海外在住韓国人)社会からの伝言だ。

ウェンディ・シャーマン米国務部政務次官の日本の過去の歴史に対する味方発言も結局は日本フレームを広めようとする‘公共外交の産物’ではないという分析だ。

‘中国傾斜論’も同じだ。韓国が中国と外交的に接近した状況を遠回しに言うこの言葉は日本が助長し米国はもちろん韓国の神経を最も逆なでする言葉としての位置づけられる。
政府当局者らは「米国当局者の中で中国傾斜論を話す人はいない」と抗弁しているが、米国官民に中国傾斜論が存在するのは事実という主張が多い。
ある外交消息筋は「毎度、日本政府の外交フレームに閉じ込められているのではなく、代案フレームを作って先制的に対抗しなければならない」と言った。

パン・スンベ記者

ソース:文化日報(韓国語) ‘韓国疲労感’・‘中傾斜論’…日‘外交フレーム’に閉じ込められた韓外交
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2015033001070230115001

関連スレ:
【米韓】 「米国は韓国の立場を理解している。韓国の対中接近は日本が広めているだけ」~韓半島専門家の分析[03/31]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1427778199/

【中朝】中国が北朝鮮のAIIB参加を「金融水準低い」と拒否、北朝鮮が衝撃受ける[03/31]

1:2015/03/31(火)12:08:38 ID:
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」(AIIB)への参加を表明
したが中国に拒否されたと、米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が31日、英メディアを引用して伝えた。

それによると、北朝鮮は2月に特使を派遣し、AIIB臨時事務局の金立群事務局長にAIIBへの参加を表明したが、中国側が拒否した。
英インターネットメディアのエマージングマーケットが中国外交筋を引用して報じた。

同筋は「北朝鮮の金融・経済体制が国際機構に参加できる水準に達していないため、拒否された。北朝鮮は中国の拒否に衝撃を受けた」と伝えたという。

ソース:聯合ニュース 2015/03/31 08:41
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/31/2015033100764.html

【ライタイハン】韓国軍人たちによって集団輪姦、妊娠出産そして差別「父を憎悪するライタイハンはこの娘以上はいないだろう」

1:2015/03/29(日) 17:08:21.63 ID:
韓国軍に集団輪姦されたHuongさん
 

Huongさん(66)を訪れた。小さな体にきれいなラインを持つHuongさんは、戦争当時、米軍基地で掃除や炊事をしながら生計費を稼いだ。
その日は韓国兵士が飲んだ飲料水を片付けていた途中だったという。
1人の兵士が「お前もオレンジジュースを飲むか?」と聞いたという。
おばあさんは疑うことなく、ジュースを受けて飲んだ。しかし、しばらくしてHuongさんは気絶した。
目を覚ますと服が剥がれていたという。
Huongさんはやっと自分が輪姦されたことに気づいた。
おそらくその場にいた韓国軍の数人に集団的にやられたはずだった。
その時Huongさんはわずか二十歳だった。

それでも食べて生きなければならないので、おばあさんは再び部隊を訪ねた。
しかし、彼らはこれ以上仕事をさせずHuongさんを追い出した。
その後Huongさんは妊娠したことに気づいた。娘の身で妊娠をしたことも、韓国軍兵士に集団輪姦を受けたことが知られれば、世間が自分を排斥するはずだった。
一人の人生が出口の見えない闇の中に沈んだ瞬間だった。
年老いた父は最初の子供を無理に降ろすと、これ以上子供を生むことができないだろうと言った。
お腹の中で育つ生命なので、Huongさんはどうしようもなかった。そしてHuongさんは娘を生んだ。

一人で娘を育てることは身にしみるほど大変だった。地方を飛び交いながら働いて5年後、ベトナム人の男性出会い子どもまで設けたが結婚はしなかった。
韓国軍に輪姦された女という噂で男性の家族が反対したのである。
娘が大きくなるにつれ、父親が誰なのかと尋ねてくると、Huongさんはただ「金(Kim)」と答えた。

金(Kim)は誰の名前もなかった。それは韓国人将兵たちが自分の身分を隠すために使用した卑怯で拙劣な代名詞であるだけだった。

ライタイハンの娘は学校でいじめを受けた。敵国の子、敵軍の血を受け継いだ子供という冷遇と蔑視だった。
娘は結局学校をやめて社会に飛び込んで、あらゆる苦労をしながら生きてきた。

そしてもう一つの話を娘が加えた。
ホーチミン市で宝くじ販売する仕事をして偶然60代の半ばの韓国人を会いました。そのおじさんに勇気を出して私はライタイハンと話しました。
すると、おじさんが「私がお前を助けてあげる」と言いながら宝くじを10枚買ってくれました。本当に有り難かったです。
ひょっとしたら父かも知れないという考えも浮かびました。

しかしおじさんがくれたお金は全て偽物でした。その日は号泣しました。これまでのすべての悲しみが一気に噴出しました。
人生はなぜこんなに過酷か。神は彼女に絶えず「許せ」とだけ語っている。まだ父を探したいかと尋ねた。娘はイヤだと言った。
父を憎んで憎悪するライタイハンはこの娘以上はいないだろう。

ベトナムがそうしたように、先進国入りした大韓民国が、これからは包容力と正直さを見せてあげる時ではないかと思う。
ベトナム政府は現在、国として公式的に戦争被害賠償を要求していない。
戦争の後、社会を再建して経済を起こすことが緊迫した状況で賠償を要求して強大国から孤立することはできなかったのが理由だ。
「過去を忘れ、未来を志向する」というスローガンはそのように始まった。

しかし、ベトナムの国民たちまで過去を忘れたわけではない。
彼らの人生の中で依然として現在進行中であり、また愛と和解を基盤とした癒しを絶対的に必要としている。

抱いた女性を無視する父、自分で蒔いた種の子どもを知らないふりをしている父は尊敬できない。それは国家的レベルでも同じだ。
過去を認めて彼らに謝罪することから、新しい大韓民国と尊敬される父は始まるのだ。

韓国軍人たちによって集団輪姦...彼の名前は "KIM" http://horukan.com/blog-entry-506.html?sp
引用:ネイバーニュース(ハングル語) http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=047&aid=0002049353 
過去スレ http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plusd/1404293021/

【石平】朴大統領「日本が歴史的真実を認めろ」だが日韓基本条約で賠償歴史問題を帳消に莫大な経済援助は彼女の父親。厚顔無恥でないか

1:2015/03/30(月) 19:03:57.51 ID:
【石平】
朴大統領は「「日本が勇気を持って率直に歴史的真実を認め」云々というが、
1965年、日韓基本条約を結び「賠償・歴史問題を帳消しする」との引き替えに
日本からの莫大な経済援助を引き出したのは彼女の父親だ。
しかし今、帳消しされたはずの歴史問題を蒸し返して日本を叩くとは厚顔無恥ではないか。
 

https://twitter.com/liyonyon/status/572176058738335744

秦郁彦氏「韓国軍のベトナム住民虐殺強姦は有名だが慰安所経営は公文書初。越系米住民らが声を上げる可能性も/韓国に日本軍を言う資格ない」

1:2015/03/30(月) 16:29:31.45 ID:
韓国がベトナム戦争時、サイゴン(現ホーチミン)市内に韓国兵のための「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所を設置し、
そこでベトナム人女性に売春させていたことが29日、米公文書で明らかになった。
韓国軍がベトナムで慰安所経営に関与していたことが、公文書として確認されたのは初めて。韓国が朝鮮戦争時に慰安婦を「第5種補給品」として部隊に支給していたことはすでに知られているが、外国であるベトナムでも慰安婦を運用していた実態がうかがえる。

文書は米軍からベトナム駐留韓国軍最高司令官、蔡命新将軍に宛てたもので、日付は記載されていないものの1969年ごろの通報とみられる。
韓国陸軍幹部らによる米紙幣や米軍票などの不正操作事件を説明したもので、その調査対象の一つとして「トルコ風呂」が登場する。

その中で米軍は、ベトナムの通関当局と連携した調査の結果として「トルコ風呂は、韓国軍による韓国兵専用の福祉センター(Welfare Center=慰安所)」と断じた。
また、その証拠として韓国軍のスー・ユンウォン大佐の署名入りの書類を挙げた。

その上で確認事項としてベトナム人ホステスがいることや、「売春婦は一晩をともにできる。料金は4500ピアストル(38ドル)。
蒸気風呂とマッサージ部屋は泊まりの際のあいびき部屋として利用できる」ことなどを指摘している。

この米公文書は、週刊文春(4月2日号)でTBSの山口敬之ワシントン支局長が最初に発表した。

■公文書から判明は初めて
現代史家の秦郁彦氏「ベトナムにおける韓国軍の住民虐殺、強姦(ごうかん)はつとに知られていたが、その陰に隠れて慰安所経営にかかわっていたことが判明したのは、公文書では初めてだと思う。
引き続きさまざまな公文書が出てくることを期待する。今後、米国にいるベトナム難民移住者らが声を上げる可能性もあり、韓国に旧日本軍のことを言う資格はないという意見も出るだろう」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000061-san-kr

【国際】米紙「韓国は平昌五輪単独開催の夢を捨て、日本との共同開催にするべき。日本との協力によって得られる利益を極大化すべき」

1:2015/03/31(火) 10:08:19.58 ID:
米紙「韓国は平昌五輪単独開催の夢を捨て、日本との共同開催にするべき」=韓国ネット「いまさら遅い…」「日本に断られるのでは?」

Record China 3月31日(火)6時13分配信

米紙「韓国は平昌五輪単独開催の夢を捨て、日本との共同開催にするべき」=韓国ネット「いまさら遅い…」「日本に断られるのでは?」

29日、韓国メディアによると、2018年平昌五輪について、米紙「アリゾナ・デイリー・スター」が「韓国は単独開催の夢を捨てて日本との共同開催にするべきだ」と忠告した。
これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

2015年3月29日、韓国メディア・プラスコリアによると、2018年平昌冬季五輪について、米紙
「アリゾナ・デイリー・スター」が「韓国は単独開催という高価な夢を捨てて日本との共同開催にするべきだ」と忠告した。

「アリゾナ・デイリー・スター」は22日に掲載した記事で、「平昌五輪の予算は 2006年のイタリアトリノ五輪の10倍を超えており、韓国江原道は政府の支援がなければ大会を開催することができない状態だが、平昌五輪組織委員長は『日本との共同開催はない』と明言した」と紹介。
「平昌は長野との共同開催で負担額を減らし、『アジアのオリンピック』という象徴的な雰囲気を演出することで、日本との協力によって得られる利益を極大化させなければならない」と指摘した。
また、「外交や国民感情の問題を考えると、韓国が日本に共同開催を提案することは簡単なことではない。しかし、2002年のW杯共同開催の成功を考えれば、答えを得ることができる」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「ついに江原道の本性が暴かれた」
「このまま単独開催すれば100%失敗する」

「合理的な意見だ。米紙の言う通り、一度真剣に検討してみる価値はある」
「日本との共同開催が無理なら、せめて国内で分散開催するべき」

「いまさらもう遅い。それに提案しても日本に断られるんじゃない?」
「江原道の財布を守りたいなら、今すぐ日本に共同開催を提案して。このままだと国が破滅してしまう…」

「IOCに日本やほかの国との共同開催を勧められた時に、素直に聞いておくべきだった」
「日本、北朝鮮と3カ国で開催するのが一番いい。費用を節約し、北東アジアの平和も築ける!」
(翻訳・編集/堂本)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000012-rcdc-cn

【韓国】ベトナム妻のビザ下りず、64歳韓国夫が結婚紹介所に放火、社長死亡…「女が殺されなかっただけマシ。国際的な恥にならずに済んだ」

1:2015/03/31(火) 07:08:06.82 ID:
◆入籍したベトナム女性のビザが下りず激怒、64歳韓国人が結婚紹介所に放火して
  経営者死亡・・韓国ネット「極端な選択をした」「国際的な恥にならずに…」

韓国・東亜日報によると、釜山広域市の東区で27日、64歳の韓国人男性が結婚情報会社に放火、社長を焼死させる事件が発生した。

記事によると、男は昨年8月、同社に紹介された45歳のベトナム人女性と結婚式を挙げ、韓国で女性を妻として登録した。
しかし、女性は結婚移民に必要な試験に合格せず、韓国に来なかったという。

これに怒った男は、27日午前に同社を訪れ、社長(76)に抗議していたが、争う中で社長にシンナーらしき液体をかけ、ライターで火をつけたという。
火は通報で駆け付けた消防によって約10分後に消し止められたが、社長は死亡した。

事件当時、社長の息子も別室から2人の様子を見ていたが、燃え上った炎のために助けることができず、有毒ガスを吸って病院に運ばれた。
男はその場から逃走し、警察が行方を追っているという。


このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「あんな男と結婚しなかったことが救いだ」
「男は悪くない。結婚したかっただけだ」
「もう年なんだから、おとなしく一人で暮らせばいいのに、なんで結婚を?」

「売買婚の副作用」

「極端な選択をした。なぜこんなに追い詰められていたんだろう」
「結婚紹介所への怒りが頂点に達したんだと思う」

「吐きそう。病院に勤めていると、おじいさんに若い東南アジア系の女性が妻として付き添っている。本当、気分が悪い」
「ベトナム人女性があいつと結婚したら殺されたかもしれない」

「何のために、韓国にまで嫁に来るのだろう?」
「カネのために結婚するに決まっている。ベトナムで働くよりマシだから」
「どんな理由があっても、カネ目当ての結婚は追放したほうがいい」

「60代の韓国人男性が若いベトナム人女性と結婚することを正常だというのは、韓国政府とマスコミだけ」

「別に64歳で結婚してもいいと思う。結婚相談所がベトナム人女性のビザの件を解決しなかったことが悪い。結婚させるのが仕事でしょ?」

「女性が殺されなかっただけマシ。国際的な恥にならずに済んだ」

FOCUS-ASIA.COM 2015年3月31日(火)5時17分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000006-xinhua-cn

【日米韓】 米国の度量と韓国の狭量~米大使襲撃事件はすぐ忘れ、日本にはいつまでも執着する韓国[03/30]

1:2015/03/30(月) 23:00:52.55 ID:

▲ソウル市内の病院で9日、負傷したリッパート駐韓米大使(左)を見舞う韓国の朴槿恵大統領
(韓国大統領府提供=AP)

 リッパート駐韓米国大使の襲撃事件から3週間が過ぎた。というよりも、まだ1カ月もたっていないのに、ずいぶん前に起きた事件のように感じる。
韓国社会に「過去の済んだ出来事」とみなすような空気が漂っているためかもしれない。
事件が起きた今月5日、韓国は気まずさに包まれた。やっかいなことが起き、社会全体がうろたえ、慌てたと言ってもいい状況だった。

 中東を歴訪中だった朴槿恵(パク・クネ)大統領は、事件から4日後の9日に帰国し、その足で入院中の大使を見舞った。2006年に暴漢に刃物で顔を切りつけられた朴大統領は当時を振り返り、こう述べたという。

 「(大使と自分は)どうしてこんなに似た点が多いのでしょう。負傷した部分も、同じ病院で2時間半手術を受けたのもそう。当時、医療スタッフが、傷がもうすこし長く深かったら大変なことになっていたと言ったのですが、それも似ている」。
また、「私はその後の人生をオマケだと思い、国と国民のために生きていこうと決心しました。大使も今後は国と韓米同盟のために多くのことをしてくださるような気がする。むしろ(襲撃事件は)韓米関係がより近づく契機になったと思う」とも語った。謝罪の言葉があったかは不明だ。

 リッパート大使は翌日退院した。しかしその間、韓国の政府やメディアは「揺るぎない米韓同盟」をしきりに強調。
事件はあくまでも「従北派(北朝鮮の主張に従う者)の仕業」ということで一応は落ち着く。
政府、メディアこぞって、慌ただしく“取り繕い”に努めるかのような姿が目立った。
懸念された米韓関係の悪化は表面化せず、米国政府の外交(社交?)辞令で、とにかく問題は丸く収まった。
何よりも韓国は、リッパート大使の度量の広さと懐の深さに救われたわけだ。

 「のど元過ぎれば熱さを忘れる」ではなかろうが、米大使襲撃事件が「過去の出来事」として忘れ去られようとする中、韓国では再び、メディアを中心に日本批判が連日展開されている。
4月末に訪米する安倍晋三首相の上下両院合同会議での演説に対するものだ。

 韓国政府は「歴代内閣の歴史認識を継承し、歴史に対する真摯(しんし)な省察を見せることを期待する」(外務省報道官)と日本にクギを刺しつつ静観する構えをみせているが、メディアは「日本がワシントンで大金をばらまきロビー活動を展開している」「韓国政府は安倍首相の演説を“阻止”できなかった」「安倍訪米を前に日本の外務省が広報動画で、韓国などアジアの繁栄に日本は貢献、各国の建設を支援したと主張。
新たな歴史歪曲(わいきょく)との声も」などと騒がしい。

 日本が米国とうまくやっていくのは困ることなのだろうか。安倍首相の演説自体、不愉快で面白くないのだろう。
韓国政府に対し、「安倍首相が日本の過ちへの責任を否定し、米国政府が免罪符を与えることがあってはならないと、米国政府と議会に明確に要求せねばならない」(東亜日報の社説)と鼻息は荒い。米大使襲撃事件の際、韓国社会を覆った気まずさは、もはやなく、3週間前までの米国への遠慮は感じられない。

 自分(韓国)にとって都合の悪いことや嫌なことは、わずか数週間前のことでもすぐに忘れようとする。
逆に、歴史問題など日本がからむことについては、執着し続ける。
いろいろと掘り返し、自己中心の解釈に基づいた主張を執拗(しつよう)に押し通し、対日非難に熱中する。朴大統領自身、13年の就任直後に「加害者と被害者の立場は千年の歴史が流れても変わらない」と断言した。
リッパート大使が韓国に見せたような度量の広さは、韓国には期待できないのだろうか。

ソウル支局編集委員・名村隆寛(なむら たかひろ)

ソース:産経ニュース<米国の度量と韓国の狭量>
http://www.sankei.com/world/news/150330/wor1503300010-n1.html

【韓国の反応】韓国流超絶理論『韓国軍に不正が多発するのは実は日本のせいなんだ』韓国が学ばない究極の証拠がここにある【必見】

imagesMGX5HP85.jpg

韓国のネット掲示板に「人力操作式のバルカンから脱出した海上自衛隊の「はつしま」」­というスレッドが立った。
罪なき韓国人ミリオタのスレッドが人類史上最悪の超絶理論の­場に一瞬にしてすり替わるその様子をご覧あれ。