ブログパーツ 気になる中国@韓国ニュース - 日本

【軍事】全長248m 巨大護衛艦いずも、就役へ ヘリ5機が同時着艦 改修すればF35Bの艦載も 対中国潜水艦戦見据え [H27/3/22]

1:2015/03/22(日)21:26:05 ID:
 海上自衛隊最大の艦艇となるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が25日に就役する。
空母のように艦首から艦尾まで続く「全通甲板」を有する護衛艦は現在も「ひゅうが」型2隻が配備されているが、
「いずも」の全長は「ひゅうが」の1・25倍の248メートル。通常搭載ヘリも4機から9機に倍増する。
新型艦導入で防衛省が見据えるのは、潜水艦の近代化を進める中国海軍の抑止だ。

「中国は国防費を5年連続で10%以上増加させ、軍事力の広範かつ急速な強化を進めている。
不測の事態を招きかねない極めて危険な行為を繰り返している」

 中谷元防衛相は22日の防衛大学校卒業式でこう述べ、中国軍の動向に警戒を呼びかけた。

 中国軍をめぐっては、米海軍のムロイ中将が2月25日の米下院委員会で、
中国の潜水艦数が米軍を上回ったと証言したばかり。潜水艦は敵から見えないところから
攻撃できる特性を持ち、米軍の行動を阻む中国の「接近阻止・領域拒否(A2・AD)戦略」の中核に位置付けられる。

防衛省は、中国が長時間航行を可能とする大気非依存型推進(AIP)システム搭載のユアン級潜水艦を
「大幅に増強している」(幹部)と分析し、警戒を強めている。

 こうした中で対潜水艦戦で期待されるのが、25日に引き渡し式がある「いずも」だ。
哨戒ヘリ5機が同時に離着艦でき、中国潜水艦への警戒・監視を強化できる。政府が平成27年度予算案で
20機追加取得する国産新型機P1哨戒機や、P3C哨戒機も対潜哨戒に投入され、中国軍に対する抑止力向上を狙う。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/150322/plt1503220017-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150322/plt1503220017-n2.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 15◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427016956/12

【政治】安倍首相「日本を中国や韓国、アジアの人たちと一緒に夢を見ることができる国にしていきたい」[03/18]

1:2015/03/18(水) 19:31:36.99 ID:
時事通信 3月18日(水)19時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000135-jij-pol
安倍晋三首相は18日夜、早稲田大学で講演し、冷え込む中韓両国との関係について、
「日本はアジアの若者にとって夢を見る場所、夢を形にする場所でなくてはならない。
日本を中国や韓国、アジアのたくさんの人たちと一緒に夢を見ることができる国にしていきたい」
と述べ、改善に強い意欲を示した。

 日米関係に関しては「国と国の関わり合いには、いろんなレイヤー(層)がある。その一番深い層を共有できることは普通まれだ。
そのまれな関係を米国は日本で打ち立てた」と指摘。
「一緒に世界を少しずつでも良い場所にしていこうではないか」と述べ、同盟強化の必要性を訴えた。

 
講演はケネディ元米大統領をテーマに行われた。首相は「JFK(ケネディ氏)のレガシー(遺産)として記憶すべき第一は重圧の中、
屈することなく気高さを貫いてみせた指導力だ。キューバ危機の時、大統領が下した孤独な決断のおかげで、
世界は核戦争勃発の危機から救われた」などとリーダーシップを称賛した。   

【政治】石破氏「皇室や国歌に対する畏敬の念や対応が我々とは異なる政権が日本に存在していたことの恐ろしさを今更ながら思う」

1:2015/03/17(火) 12:35:00.75 ID:
自民党の石破茂・地方創生担当大臣は3月13日、3月11日行われた東日本大震災の追悼式典について、ブログで所感を述べている。

「誠に畏れ多いことながら、天皇陛下のお言葉はお心のこもった有り難いものでしたし、
遺族代表の方々、なかでも宮城県石巻市の若い女性の言葉には胸打たれるものがありました。この式典はいつも厳粛な気持ちに
させられます」と、語っている石破氏。厳かな式典に、震災で亡くなった人々へ追悼の思いを今一度心に刻んだようだ。

しかし一方で、石破氏は、民主党政権下で行われた過去の追悼式典を以下のように振り返っている。
「民主党政権のもとでの追悼式典は、両陛下ご臨席・ご退席の際も参加者は着席のまま、
国歌は斉唱ではなく陸上自衛隊中央音楽隊による演奏のみという実に異様な形式で、強い違和感を覚えたものでした」

民主党政権における皇室や国歌への対応について、改めて疑問を投げかける石破氏。

さらに、「日本において、政権交代可能な二大政党は存在すべきですし、民主党に立派な議員がいることも事実です」と、民主党の存在意義を認めつつも、
「皇室や国歌に対する畏敬の念や対応が我々とは根本的に異なる政権が日本に存在していたことの恐ろしさを今更ながらに思います」
と、自民党と民主党の考え方の違いを再認識していた。

http://yukan-news.ameba.jp/20150314-72/

★1 03/16(月) 19:48
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426502881/

三原じゅん子『民主党は恥を知りなさい!!』民主党を痛烈批判!! 

imagesG3SQB7BA.jpg

民主党はもう解党しろ!!
参議院本会議 自民党・三原じゅん子
国会神演説です。有名動画ですが見ていて痛快で気持ちが良くなりますw


ニコニコも同動画あります。字幕弾幕凄いですw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22393110

【超先端技術】日本が無線送電実験成功 !宇宙太陽光発電の道開ける=韓国ネット「これが新しい未来科学」「重要技術また日本が…」

1:2015/03/14(土) 14:57:14.36 ID:
FOCUS-ASIA.COM 3月14日(土)9時10分配信

韓国・聯合ニュースは12日、日本の科学者が無線送電実験に成功し、将来の宇宙太陽光発電の足場を築いたとするAFPの報道を伝えた。

日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が同日、マイクロ波によって1.8キロワットの電力を55キロメートル離れた受信機に送ることに
成功したと発表した。今回の成功によって、宇宙空間の膨大な量の太陽光を、人類が地球上で利用する道が開けたという。

宇宙での太陽光発電は天候や時間に制約を受けずにエネルギーを作り出せるなど、地上にはないメリットがあり、JAXAでは数年間研究を続
けてきた。JAXAは、将来的には太陽光集熱版とアンテナを装着した送電衛星を地上3万6000キロメートルの宇宙空間に設置する構想だ。
ただ、応用技術の開発は2040年代以降になるという。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せ
られている。

「生態系に影響がなく成功できれば、すごい利益になる」
「アイディアは80年代からあったが、あの頃は技術が追いついていなかった。今なら可能かもしれない」
「発電できる量なら超高周波だろうが、それじゃ、日本でオーロラが見られるかな?」
「すごい。副作用がなければいいが」
「ものすごい技術。韓国でも何か希望あるアイディアを技術にしてほしい」
「日本のこういう点は見習おう」
「安全性の問題があるから、50年以内に実用化は無理。強い電磁波を地球に送ったら生態にはどんな影響があるのだろうか。人は数十キロ内に接近できない」

「角度を少し変えれば、韓国はただで電気が使える」
「発電じゃなくて、日本は宇宙武器として使うかもしれない」
「これが新しい未来の科学」
「家に受信機をおけばただで電気が使えるかも。開発自体は長かったが、石油販売が減る可能性でなかなか進められなかった。冷戦がなかったら、すでに技術が完成していたかもしれない」
「月から地球に送ることも考えていたみたい。生きている間に見られるだろうか」
「第三次世界大戦の始まりは中国か日本になりそう。どちらかが宇宙兵器を先に発射して始まる」
「重要な技術をまた日本が確保したのか。日本は嫌いだが、見下すことはできない民族」
「体に害のある電磁波問題や無線通信障害を解消したら、原発も要らなくなる」
「宇宙から飛んでくる電力を盗む技術でも研究してみようかな(笑)」